PRDA - PT. Prodia Widyahusada Tbk

Rp 5.600

+75 (+1,34%)

【ジャカルタ】PT Prodia Widyahusada Tbk (PRDA)は2022年第1四半期にIDR 105.23 billionの純利益を記録した。それはIDR 556.07 billionに及んだ収入が支援された。

PRDAの取締役社長、Dewi Muliaty氏が2022年第1四半期に当社の財務業績は次の四半期に向上され続けると語った。「我々は一貫性の持続可能と革新がインドネシアの最善で最も先進のヘルスケアサービスの提供業者としてProdiaの業績を維持し、強化出来るよう、期待します。」とMuliaty氏は公式声明に述べた。

しかし、その純利益はIDR 158.75 billionを記録された2021年第1四半期に比べ、2022年第1四半期に前年比、33.7%減少した。

その上、それはIDR 110.54 billionを記録された2021年第4四半期に比べ、2022年第1四半期に4.8も%減少した。

idnfinancials.comのデータによると、PRDAは現在、インドネシアの127市中における266軒のアウトレットを経営している。そのアウトレットはプロディアヘルスケア(PHC)、プロディア児童保健センター(PCHC)、プロディア女性健康センター(PWHC)、プロディアシニアヘルスセンター(PSHC)である。 (NR/KR/ZH)