MPMX - PT. Mitra Pinasthika Mustika Tbk

Rp 970

-15 (-1,00%)

【ジャカルタ】PT Mitra Pinasthika Mustika Tbk (MPMX)は今年、IDR 700 billionの設備投資を割当てる。それはレンタル車の活性化用新車を購入し、デジタルイニシアチブの為、使途される。

PT Mitra Pinasthika Mustika Tbk (MPMX)の取締役、Ivan Hindarko氏がその全設備投資の10%〜15%は将来的に当社の業績を支援する為、デジタル技術セクターの為、使途されると語った。「それは当社のデジタルイニシアチブの為、割当てられます。」とHindarko氏は2022年5月23日(月)に引用された公暴露で述べた。

Hindarko氏によると、MPMXのデジタルイニシアチブの一つは購入やサービスやアフターサービスアプリに接続される配布・小売業であるスマートディーラー管理システムの設立だそうである。

残り設備投資はレンタル車を活性化する為、MPMRent課の為、割当てられる。2022年第1四半期に、レンタル車数は12,200台を、その利用率は95%を記録された。

2021年12月現在、MPMXの収入はIDR 12.90 trillionを記録され、IDR 11.18 trillionの2020年12月に比べ、15.4%伸びた。そして、その粗利益は2021年にIDR 1.19 trillionを記録され、IDR 1.04 trillionの2020年に比べ、14.1%伸びた。一方、その純利益は2021年にIDR 411.74 billionをを記録され、IDR 133.57 billionの2020年に比べ、前年比、208.3%急上昇した。 (NR/LK/ZH)