CSRA - PT. Cisadane Sawit Raya Tbk

Rp 715

-10 (-2,00%)

【ジャカルタ】PT Cisadane Sawit Raya Tbk (CSRA)は2022年第1四半期にIDR 103.41 billionの純利益を記録し、IDR 41.38 billionの2021年第1四半期に比べ、149.9%伸びた。その塊状な増加は今年頭に粗パームオイル価格が上昇したにつれて、増えた売上高が支援された。

2022年5月24日(火)に引用されたプレスリリースにおいて、CSRAの金融・戦略的開発担当重役、Seman Sendjaja氏が上昇した粗パームオイル価格だけではなく、その増えた利益は戦略的開発イニシアチブの結果でもあったと語った。「当社は運営上活動の効率を維持し、収入成長を高め、利益を効果的に、コストを管理する事に注力します。」とSendjaja氏は述べた。

その収入は2022年第1四半期にIDR 254.9 billionを記録され、IDR 175.9 billionの2021年第1四半期に比べ、44.9%伸びた。そして、その粗利益はIDR 85.4 billionの2021年第1四半期に比べ、2022年第1四半期にIDR 172.5 billion、前年比、102.1%伸びた。一方、その営業利益はIDR 62.2 billionの2021年第1四半期に比べ、2022年第1四半期にIDR 143.2 billion、前年比、130.1%伸びた。

フレッシュフルーツバンチズ生産量は2022年第1四半期にヘクタール当たり4.2トンを記録され、ヘクタール当たり4.6トンの2021年第1四半期に比べ、僅かに低下した。「当社はより効率的な生産性と運営を築くことによって運営上活動を強化すると言質します。」とSendjaja氏は付け加えた。 (NR/LK/ZH)