【ジャカルタ】政府は先月、輸出制限政策後、食用油価格が下がる気配ないので私営椰子農園を監査するよう、促される。それは商戦監督委員会(KPPU)所長、Ukay Karyadi氏が2022年6月2日(木)に引用されたプレスリリースに述べられた。

Karyadi氏が約70食用油メーカーがあるが、8社の大会社を含み、椰子農園上流を監査される必要があると語った。「この事業の所有者は普通に私営農園を持っており、食用油産業の上流と下流が支配されます。」とKaryadi氏は述べた。

その上、商戦監督委員会(KPPU)の取締役、Marcelina Nuring氏は現状、椰子農園の所有権の不平等なところがあると語った。それは2019年に農務省と空間計画/国土庁の研究・開発センターが行われた研究結果に基付き、栽培権土地不平等ジニ指数は0.77に及んだ。

そして、2019年に中央統計局(BPS)と農業省は椰子農園の所有権の不平等なところがあると語った。「国民の椰子農園数は事業の所有者の全椰子農園の99.92%に及びます。しかし、その41.35%のみは支配されます。一方、私営椰子農園は全農園の0.07%のみに及ぶが、その54.42%の面積は支配される」と述べた。 (NR/LK/ZH)