【ジャカルタ】インドネシア政府は対象外の電気代の助成金を矯め直す為、2022年第3四半期から幾つかのユーザーグループの電気代を調整する。

その電気代調整はPT Perusahaan Listrik Negara (Persero) (PLN)から3,500 VA(R2・R3)の電気を利用するユーザーに、政府消費者のP1・P2・P3分類にも実行される。

「その電気代調整は対象通りに政府の助成金を矯め直しながら、負担を共有する為、行われます。」とエネルギー鉱物資源省の電気総局、Rida Mulyana氏は述べた。

一方、PLNの取締役社長、Darmawan Prasodjo氏が政府は2017年から2021年まで、電気代助成金の為、IDR 243 trillionを費やしたと語った。その助成金は国民の購入力を保ち、インフレを調整する為、与えられた。

インドネシア政府は現在、kWh当たりIDR 1,444.70の電気代を使用している。一方、PLN の電気生産費はkWh当たりIDR 1,699.53を記録される。

「現在、有能な経済的を持っている家庭顧客に実行されるkWh当たりIDR 255の電気代は政府が再調整されるものです。」とPrasodjo氏は述べた。「そして、それを再び、復され、政府の助成金は実に必要とする家庭に与えるべきです。」とPrasodjo氏は付け加えた。 (NR/KR/ZH)