【ジャカルタ】Bank Indonesiaの総裁役会の結果は輸出業績が増え続ける最中に内需が増えるにつれて、国内経済は向上し続けると予測する。

その展開は2022年5月の様々な指標に反映される。そして、Bank Indonesiaの最新の調査結果によれば、増えた易動度や銀行からの融資につれて、消費者信頼感や小売売上や製造購買指数など内需は向上し続けた。又、輸出業績は低迷する世界的経済の為、押さえる需要リスクの最中に特に、石炭や鋼鉄や金属鉱石、高く留まった。

地理的に、その増えた輸出業績は特に、カリマンタンやスマトラ、全ての地域に発生した。向上した経済は向上し続けた製造業や貿易産業や建設産業など幾つかの主要なセクターの業績にも反映された。これから先、国内経済の向上は増え続けた輸出業績の最中に増えた易動度や融資源や事業活動が支援され、継続すると予測される。

それらの展開によって、2022年の経済成長はBank Indonesiaが予測された4.5%〜5.3%の範囲内に留まると予測される。 (NR/LM)