【ジャカルタ】金融庁(OJK)は金融庁規制(POJK)No.9/POJK.05/2022の発行を通じて、融資流通過程に関するリスクを嗅ぎ出す事においてインドネシア輸出入銀行の監修品質の効率を向上する。

金融庁(OJK)の広報・物流担当副監査役、Anto Prabowo氏がこの新規制は将来的に、リスクを見込む為、インドネシア輸出入銀行の展開に対する対応として発行されたと語った。「インドネシア輸出入銀行の現状や将来的な状態を反映出来るインドネシア輸出入銀行の健全な財政を評価する方法を必要とされます。」とPrabowo氏は2022年7月4日(月)に引用されたプレスリリースに述べた。

Prabowo氏によると、その政策はリスクを正確で直に嗅ぎ出すインドネシア輸出入銀行の能力を磨けるよう、期待されるそうである。その上、その新規制は最初に非銀行金融機関に実行された同じ政策のように、インドネシア輸出入銀行の健全水準を監視する。

その新規制はインドネシア輸出入銀行の監修規制に関する金融庁規制(POJK)No.40/POJK.05/2015を通じて、財務省が行われたインドネシア輸出入銀行の監修をも完全にする。

インドネシア輸出入銀行の監修に関するその政策はその律令に対する承服やインドネシア輸出入銀行の健全水準を向上する義務や個人的リスクアプローチを使用し、その健全の評価を規定する。 (NR/LK/ZH)