NPGF - PT. Nusa Palapa Gemilang Tbk

Rp 52

0 (0%)

【ジャカルタ】PT Nusa Palapa Gemilang Tbk (NPGF)はNPK肥料の生産量を一月毎に15,000トンの最大限の設置容量から一月毎に3,000 tonsトンに減らした。

PT Nusa Palapa Gemilang Tbk (NPGF)の会社秘書役、Yudi Kuswinarko氏が運転資本縮小と大幅に増えた原料経費は生産経費を一月毎に2,000トン〜3,000トンの肥料のみに制限させたと語った。

「ほぼ200%伸びた肥料売価は実現した所得増加に繋がっておりません。なぜなら、フレッシュフルーツバンチズの価格上昇は粗パームオイルの世界的価格上昇ほどではありません。」とKuswinarko氏は2022年7月4日(月)に引用された情報開示に述べた。

Kuswinarko氏によると、尿素や燐酸肥料やKCl肥料用原料経費は2020年末以降、300%伸びたそうである。それは運転資本を削減させた。なぜなら、原料購入は現金で支払われなければならない上で、その請求書は卸業者がその商品を貰った後、120日間の勤務期間以内に受取れる。

買い手は自分の原料を提供し、又は買い手がネットオフ価格で発注された完成品でその原料をNPGFに販売すると言う条件で、NPGFは工場利用を一月毎に3,000トン以上に増やすことが出来る。 (NR/LK/ZH)