MITI - PT. Mitra Investindo Tbk

Rp 158

-3 (-2,00%)

【ジャカルタ】貨物船舶業の投資会社、PT Mitra Investindo Tbk (MITI)は今年、メンテナンスコストと船舶を取得する為、IDR 7 billionの設備投資を割当てる。それはPT Mitra Investindo Tbk (MITI)の取締役社長、Andreas Tahija氏が2022年7月19日(火)に引用された公暴露で発表された。

「その設備投資は船舶を修理し、船隊を追加する為、費やします。」とTahija氏は述べた。

一方、当社は現在、東カリマンタン州のバリクパパンで支社を建てている。その新支社は現在、異なる6州における7都会全土に広がる既存の支社ネットワークを強化する。

「当社は州以外で支社をオープンしますが、海外で支社をオープンする計画はありません。例外、ペルタミナが海外でプロジェクトを行う場合、我々はその手続きを従います。」とTahija氏は述べた。

2022年第1四半期末に、MITIはIDR 17.85 billionの売上高を記録し、IDR 12.02 billionを記録された2021年第1四半期に比べ、48.49%伸びた。結果として、その純利益はIDR 1.64 billionの2021年第1四半期に比べ、2022年第1四半期にIDR 2.8 billion、70.71%伸びた。 (NR/LK/ZH)