DGNS - PT. Diagnos Laboratorium Utama Tbk

Rp 248

-8 (-3,23%)

【ジャカルタ】臨床研究室を経営する会社、PT Diagnos Laboratorium Utama Tbk (DGNS)はリアウ島のバタムで新支社をオープンした。

DGNSの総支配人兼会社秘書役、Fanfan Riksani氏がその新支社の開通は事業拡大企画の一部であると語った。「それは当社の収入を増やせるよう、期待されます。」とRiksani氏はインドネシア証券取引所(IDX)における情報開示に述べた。

それだけではなく、DGNSの経営陣がバタムでオープンされたその新支社はインドネシアの保健と通研に関する等しい配布とアクセスにおいて政府の助けになれると確信する。

その新支社の開通の為、使途された投資額は述べられなかった。しかし、idnfinancials.comのデータによると、DGNSは今年、IDR 40 billionの設備投資を割当てる。それはIDR 22.8 billionを割当てられた2021年の設備投資より高い。

今年の設備投資は支社やアウトレットを建てる事を含め、事業拡大企画を支援する為、使途される。 (NR/KR/ZH)