【ジャカルタ】2022年7月20日〜21日、行われたBank Indonesia Boardの総裁役会の会議は7日間リバースレポレート(BI7DRR)を3.50%に、預金ファシリティー金利を2.75%に、貸出しファシリティー金利を4.25%に維持することにした。

その決定は国内の経済成長に与えられた世界的景気減速の影響リスクの最終に制御されるコアインフレ予測に一貫する。Bank Indonesiaはこれから先、増えるインフラ期待やコアインフレのリスクに注意を払い続け、ルピア為替相場を安定させる事を通じて、必要とされる通貨政策に対する応答を、金融運営や金利を強化する。

BIの総裁、Perry Warjiyo氏は「世界的経済は増えるスタグフレーションリスクや世界的金融市場の高い不確実性の最中に以前、予測された事より低いレートで増すと予測されます。」と記者会見で述べた。

これらの展開によって、世界的経済成長は3.5%の以前の予測より2022年に2.9%低いと予測される。これらの展開につれて、世界的金融市場の不確実性は高く留まり。外資流れを制限させ、インドネシアを含め、途上国の為替相場を抑えさせた。 (NR/LM)