【ジャカルタ】インドネシア政府はエネルギー鉱物資源省を通じて、2022年初期段階オークションで6石油ガスブロックを出す。

エネルギー鉱物資源省の石油ガス総局、Tutuka Ariadji氏がこのオークションに関して楽観的である。なぜなら、政府はそのオークションに幾つかの有望なインセンティブ実装を用意していると語った。

それらのインセンティブはそれらの石油ガスブロックのリスク要因を考慮することによって、請負業者の利益分配の諸条件の変更、署名ボーナス値を請負業者によって交渉可能、初トランシェ石油(FTP)の支払い制度を10%の共有可能に変更し、契約期間以内に国内市場義務の価格を100%に設定し、契約の形を選ぶ融通性を含める。

「我々はより魅力的にさせる為、諸条件を変更しております。課税に関して、後程、論議されます。」とAriadji氏は公表に述べた。

初期段階のオークションにおいて、3石油ガスブロックは直接的にオークションされる一方で、他の3石油ガスブロックは定期的にオークションされる。

Ariadji氏は現在、直接的なオークションに参加した大きな請負業者があったと語った。「参加者として多国籍企業があります。我々は9月頃にそれを発表します。」とAriadji氏は述べた。 (NR/KR/ZH)