TIRT - PT. Tirta Mahakam Resources Tbk

Rp 56

0 (0%)

【ジャカルタ】PT Tirta Mahakam Resources Tbk (TIRT)が事業はCOVID-19パンデミック後、回復し始めるよう、期待する。様々な機関が行われた経済成長に関する予測に基付き、当社は日本やインドや台湾を含め、持っている内外国の市場に注力することによって2022年に事業を再展開する機会があるよう、期待する。

「我々は最高の品質で木材製品に関する高品質基準を持っている国として日本が信用されている薄いベニヤ板やポリエステルベニヤ板やポリエステルブロックボード製品と言う当社が所有される優劣に乗じます。」とTIRTの取締役社長、Djohan Surja Putra氏は述べた。

当社は高品質基準を持っている優劣の製品だけではなく、連携をかなり長期的に築かれる常連の皆さんをも持っている。したがって、当社は2022年に達成されることが出来る幾つかの機会があるよう、期待される。

一方、2021年中、当社は生産過程を一時的に停留し、既存の製品や半製品の販売に依存した。COVID-19パンデミック展開を監視しながら、2021年中、評価や効率をも行った。

一方、2022年7月27日に開催された定時株主総会で、当社は純損失を記録した事を考慮し、株主は配当金を流通しないことにした。 (NR/LM)