SMRA - PT. Summarecon Agung Tbk

Rp 650

-20 (-3,00%)

【ジャカルタ】PT Summarecon Agung Tbk (SMRA)の利益は2021年上期に比べ、2022年上期に97.39%大幅に伸びた。それは特に、主要な事業セグメントである不動産開発が支援され、増えた収入と一貫した。

2022年8月8日(月)に引用された2022年上期財務諸表において、PT Summarecon Agung Tbk (SMRA)の取締役社長、Adrianto P. Adhi氏がその利益は2022年上期にIDR 307.61 billionを記録され、IDR 155.48 billionの2021年上期に比べ、IDR 151.77 billionを増加したと語った。

2022年上期に、その収入の最大の貢献者はIDR 1.74 trillionを貢献した不動産開発セグメントであった。そして、投資不動産セグメントはIDR 681.76 billionを、レクリエーション・ホスピタリティーセグメントはIDR 129.82 billionを、その他セグメントはIDR 174.17 billionを貢献した。

その営業利益は2022年上期にIDR 906.67 billionを記録された。同じく、その最大の貢献者はIDR 619.16 billionを貢献した不動産開発セグメントであった。そして、投資不動産セグメントはIDR 337 billionを貢献した。

2021年上期に、不動産開発セグメントはIDR 1.74 trillionを収入に貢献した。そして、投資不動産セグメントはIDR 467.21 billionを、レクリエーション・ホスピタリティーセグメントはIDR 88.05 billionを、その他セグメントはIDR 154.55 billionを貢献した。一方、2021年上期に、その営業利益はIDR 710.58 billionを記録された。不動産開発セグメントはIDR 627.77 billionを営業利益に、投資不動産セグメントはIDR 138.50 billionを営業利益に貢献した。 (NR/LK/ZH)