DNAR - PT. Bank Oke Indonesia Tbk

Rp 177

-1 (-0,56%)

【ジャカルタ】PT Bank Oke Indonesia Tbk (DNAR)は2022年上期にIDR 4.98 trillionの顧客からの第三者資金を記録した。その第三者資金は定期預金が支配された。

2022年8月9日(火)に公表された2022年上期財務諸表において、PT Bank Oke Indonesia Tbk (DNAR)の取締役社長、Park Young Man氏がその第三者資金はIDR 3.96 trillionを記録された2021年12月に比べ、約IDR 1 trillionを増加したと語った。

第三者資金構成はIDR 25.30 billionを貢献した関連当事者とその残りを貢献した第三者(非関係会社)によるものであった。それはIDR 408.41 billionの当座勘定、IDR 528.28 billionの貯蓄勘定、IDR 4.05 billionの定期預金を含んだ。

一方、ローン流通は2022年上期にIDR 6.59 trillionを記録され、IDR 5.43 trillionの2021年12月に比べ、増加した。そのローンは運転資本としてIDR 4.31 trillionを、投資としてIDR 1.47 trillionを記録された。その残りは消費セクター、シンジケートローン、従業員ローンとして流通された。

Bank Okeは2022年上期にIDR 206.69 billionの純利子所得を記録し、IDR 140.02 billionの2021年上期に比べ、増加した。その純利益はIDR 4.94 billionの2021年上期に比べ、2022年上期にIDR 5.14 billionにも増加した。 (NR/LK/ZH)