【メンパワ】インドネシア共和国の大統領、ジョコ・ウィドド氏(ジョコウィ)は運輸大臣、Budi Karya Sumadi氏と共に2022年8月9日(火)に西カリマンタン州のメンパワリージェンシーにおけるポンティアナック港のキジンターミナルを発足した。

大統領がキジンターミナルは2016年以降、建てられており、その面前は粗パームオイル、アルミナ、ボーキサイトその他商品など西カリマンタン州が生産される優良な商品の競争力を増やせるよう、期待されると挨拶に述べた。

約IDR 2.9 trillionの投資額を持っているその港の面前はインドネシアの島々間や国々間の連結性をも増やせるよう、期待される。「この港は500,000 TEUsと8百万の非容器を持っております。それは大変大きく、カリマンタンの最大の港です。」とジョコウィ大統領は述べた。      

同じ機会に、運輸大臣が政府は国家戦略的プロジェクトの一つであるキジンターミナルを建てる為、譲歩を通じて、PT Pelindoを任じていると説明した。

キジンターミナルの物的作業進歩は現在、100%完了し、運営される準備が出来ている。2018年〜2022年、IA又は初期段階で建てられたその設備は容器ターミナルや1000メートルの長さの桟橋を持っている多目的ターミナル、200ヘクタールの面積が支援され、500,000 TEUsの容器ターミナルの推定容積、500,000トンの多目的ターミナルの推定容積を含める。 (NR/LM)