PWON - PT. Pakuwon Jati Tbk

Rp 486

-6 (-1,00%)

【ジャカルタ】何軒のモールやアパートを経営する不動産開発業者、PT Pakuwon Jati Tbk (PWON)は2022年上期にIDR 753.51 billion、前年比、62%伸びた純利益を記録した。

2022年上期に増えたその純利益は2021年上期に比べ、2022年上期にIDR 2.75 trillion、11.8%伸びた収入が支援された。

2022年上期にその収入はIDR 1.99 trillion又は全収入の72.6%を貢献した顧客との契約セグメントが支配された。そして、スペースリースセグメントはIDR 719.86 billionを、アパートサービスセグメントはIDR 33.13 billionを貢献した。

その上、そのマーケティング販売は2022年上期にIDR 800 billionを記録され、今年、設定されたIDR 1.8 trillionのマーケティング販売目標の44.4%に及んだ。

そのマーケティング販売実現は2022年の目標の50%に及んでいなくても、当社は今年のマーケティング販売目標に関してかなり楽観的である。「我々は政府が担う付加価値税(PPN DTP)の政策延長や今年、ベラ・ベカシコンドミニアムの発売が支援され、2022年のマーケティング販売目標を達成出来ると楽観的です。」とPWONの取締役、Minarto Basuki氏は述べた。 (NR/KR/ZH)