TRGU - PT. Cerestar Indonesia Tbk

Rp 220

0 (0%)

【ジャカルタ】2022年7月にインドネシア証券取引所(IDX)に株式を新しく上場された小麦粉の生産業者、PT Cerestar Indonesia Tbk (“TRGU”)は2022年上期にIDR 19.69 billionの純利益を記録出来、IDR 20 billionの2022年の純利益目標の99%に及んだ。2022年1月〜6月、前年比、13%伸びた純利益を記録出来た。2021年上期に、IDR 17.36 billionの純利益を記録した。

高く留まった小麦粉の需要は売上高をIDR 1.49 trillionの2021年上期に比べ、2022年上期にIDR 1.56 trillion、5%に増加させた。一方、売上原価はIDR 1.42 trillion、前年比、4%伸びた。2022年6月30日現在、資産はIDR 2.44 trillionを記録され、IDR 1.98 trillionの2021年12月31日に比べ、増加した。

「我々は困難な状態にロシアとウクライナ間の対立の為、増えた小麦価格に関して、TRGUは増えた売上高と純利益を記録することによって好調な業績を達成出来た事に感謝しております。新規株式公開の間に株主に当社の言質を果たせるよう、現状の困難な状態に当社の売上高は年末まで積極的になり続けられるよう、マーケティング努力を強化し続けていきます。」とPT Cerestar Indonesia Tbk (“TRGU”)の取締役社長、Indra Irawan氏は述べた。

Cerestarグループの一部として、2007年に小麦粉工場を設立することによって事業を開始し、2022年7月に新規株式公開を行ったTRGUは事業を拡大する準備が出来ている。生産能力を増やす為、新機械を、追加工場支援設備として土地を購入し、倉庫と包装設備を建てる為、IDR 315 billionに及んだ新規株式公開から得た収益を使途する。 (NR/LM)