OILS - PT. Indo Oil Perkasa Tbk

Rp 220

-10 (-4,55%)

【ジャカルタ】PT Indo Oil Perkasa Tbk (OILS)の包括的当期利益は2021年上期に比べ、2022年上期に331.63%急上昇した。それは増えた売上高と収入が支援された。

2022年9月1日(木)に引用された2022年上期財務諸表において、OILSの取締役社長、Johan Widakdo Liem氏がその包括的当期利益は2022年上期にIDR 8.63 billionを記録された。それはIDR 2 billionを記録された2021年上期に比べ、四倍増えたと語った。

その増えた利益はIDR 166.68 billionの2021年上期に比べ、2022年上期にIDR 226.25 billionに増加した売上高が支援された。粗利益はIDR 10.78 billionの2021年上期に比べ、2022年上期にIDR 22.03 billionにも増加した。そして、税引き前利益はIDR 2.67 billionの2021年上期に比べ、2022年上期にIDR 11.09 billionに増加した。

その上、その増えた利益はIDR 1.70 billionの2021年上期に比べ、2022年上期にIDR 3.67 billionに増加した収入も支援された。当期利益はIDR 2.02 billionの2021年上期に比べ、2022年上期にIDR 8.59 billionにも上昇した。

その収入の最大の貢献者はIDR 50.90 billionの2021年上期に比べ、2022年上期にIDR 164.49 billionを高く貢献した輸出売上高であった。一方、国内売上高はIDR 115.77 billionの2021年上期に比べ、2022年上期にIDR 101.76 billionに微増した。 (NR/LK/ZH)