SMSM - PT. Selamat Sempurna Tbk

Rp 1.555

-40 (-2,57%)

【ジャカルタ】自動車用予備部品メーカー、PT Selamat Sempurna Tbk (SMSM)はIDR 143.85 billionの第2中間配当を流通する。

SMSMの金融担当重役、Ang Andri Pribadi氏がその計画は2022年8月末に取締役会と監査役会の決定通りであったと語った。流通されるその配当金額は当社の2022年上期の純利益の約38.11%に等しい。

各SMSMの1株を持っている株主はIDR 25の中間配当を得る。その中間配当は2022年9月8日に予定される記録日に記録された株主に流通される。その中間配当支払いは2022年9月21日に行われる。

idnfinancials.comのデータによると、SMSMは2022年上期にIDR 377.44 billionの純利益を記録した。一方、2022年6月30日現在、IDR 2.56 trillionの留保利益を、IDR 3.22 trillionの全持分を記録した。

情報上、2022年5月に、SMSMはIDR 86.38 billionの第1中間配当を流通した。その第1中間配当は当社の2022年第1四半期の純利益の約45.99%に等しかった。 (NR/KR/ZH)