COAL - PT. Black Diamond Resources Tbk

Rp 194

-9 (-4,64%)

【ジャカルタ】採炭会社、PT Black Diamond Resources Tbk (COAL)はその子会社、PT Dayak Membangun Pratama (DMP)の設備投資の為、新規株式公開の収益のIDR 40 billionを割当てた。

2022年9月6日(火)に引用された略趣意書において、COALは一株当たりIDR 100の価格で12.5億株の新規株式公開を通じて、IDR 125 billionの新規資金を目指した。その新規株式公開は2022年9月1日〜5日、行われた。

DMPの設備投資は道路建設に関して請負業者へのIDR 30.83 billionの債務を返済する為、使途される。その請負業者はPT Herald Eranio JayaとCV Putra Jayaと言う第三者である。その残りIDR 9.11 billionは従業員向けの寮や作業場を建てる為、使途される。

その新規株式公開の収益のIDR 85 billionは燃料購入や道路品質改善やその他事業運営を含め、DMPの運転資本の為、割当てられる。

その新規株式公開で発行された株数はその新規株式公開後、COALの全発行・払込資本の20%に等しい。その新規株式公開後、COALの発行・払込資本はIDR 50 billionからIDR 62.5 billionに増加する。その公称資本はIDR 200 billionを、そのポートフォリオの株式はIDR 137.5 billionを記録される。

その新規株式公開後、COALの株主構成はSujaka Lays(42%)、PT Esa Gemilang(24%)、Arie Rinaldi氏(6%)、PT Alam Tulus Abadi(4%)、Herry Sen氏(4%)、公共投資家(20%)である。 (NR/LK/ZH)