DCII - PT. DCI Indonesia Tbk

Rp 36.725

+1.025 (+2,79%)

【ジャカルタ】2022年上期末まで、PT DCI Indonesia Tbk (DCII)はほぼ、今年、設定された設備投資の半分を使途した。

DCIIの企業課長、Evelyn Wijaya氏が当社は今年、設備投資の為、IDR 500 billionを割当てたと語った。その殆どの設備投資は特に、チビトゥンサイトJK-5における容量を増やし、データセンターを展開する為、割当てられた。

「2022年上期まで、ほぼその設備投資の半分は使途されました。その資金の過半数はデータセンターを展開する為、使途されました。」とEvelyn氏は数日前の公暴露で述べた。

チビトゥンサイトJK-5が完了された後、DCIIはJK-6の建設を継続する。そして、そのJK-6を完了された後、チビトゥンのデータセンターの全容量は36メガワットを追加し、73メガワットに及ぶと予測される。

情報上、DCIIは現在、各52メガワットの容量を持っている5データセンターを経営している。インドネシアのデータセンター業界におけるその市場占有率は56%に及んだ。 (NR/KR/ZH)