【ジャカルタ】インドネシア共和国の衆議院はインドネシアのデジタルセクターにGoogleの独占的な行為の申立に関する調査を行う商戦監督委員会(KPPU)の計画を支援する。現在、商戦監督委員会(KPPU)はGoogle Play StoreとGoogle Play Billingのアプリ一括購入の抱き合わせ商法を調査している。

「衆議院第6委員会の聴聞会の結論はインドネシアでGoogleの独占的な慣行の申立の調査に関する支援の特記事項を含めます。」と商戦監督委員会(KPPU)の広報・協力局長、Deswin Nur氏は2022年9月27日(火)に引用された情報開示を通じて、述べた。

Deswin氏によると、衆議院の支援はインドネシアでデジタルセクターの独占的な慣行の申立に関する他の事件をも含めるそうである。

Deswin氏がGoogleはインドネシアでデジタルアプリ配布において優性を悪用し、抱き合わせ商法を、差別的行為を行う疑いがあると語った。

商戦監督委員会(KPPU)の所長、Alif Hasbullah氏とその副所長、Guntur Saragih氏は2022年9月23日に2023年の予算金融企画の調整に関して衆議院第6委員会の招待を受け取った。 (NR/LK/ZH)