MPMX - PT. Mitra Pinasthika Mustika Tbk

Rp 1.165

+15 (+1,29%)

【ジャカルタ】PT JACCS Mitra Pinasthika Mustika Finance Indonesia (JACCS MPMF)は再び、年毎に6.76%のより高い利札を、IDR 150 billionの元金を持っている中期社債を発行する。

その中期社債はJACCS MPMF Indonesiaの2022年第2相第3中期社債でインドネシア中央証券保管(KSEI)に登録された。2022年9月末に、JACCS MPMFは年毎に6.52%のより低い利札を、IDR 150 billionの元金を持っている中期社債をも発行した。

今回の中期社債に関して、当社は3年間テナーを設定した。その中期社債の流通は2022年10月11日に、その初利払いは2023年1月11日に行なわれる。

JACCS MPMFはその中期社債の発行の引受主幹事会社としてPT BNI Sekuritasを再び、任じている一方で、PT Bank Rakyat Indonesia (Persero) Tbk (BBRI)はその中期社債の発行の受託会社として任じられる。

idnfinancials.comのデータによると、JACCS MPMFはJACCS Co LtdとPT Mitra Pinasthika Mustika Tbk (MPMX)が設立された合弁会社である。JACCS MPMFの60%株はJACCSが、その残り40%株はMPMXが所有される。 (NR/KR/ZH)