VTNY - PT. Venteny Fortuna International Tbk

Rp 410

+2 (+0,49%)

【ジャカルタ】生産的資金調達・人的資源活力に注力する初技術会社、PT Venteny Fortuna International Tbk (VTNY)はビジネストゥビジネス金融サービスを支援する為、日本の金融機関の役割を主張する。

2022年11月24日(木)にVTNYが行なわれた公開暴露及びデューディリジェンスの間に、PT Venteny Fortuna International Tbk (VTNY)の創設者兼最高経営責任者、わいで・じゅん氏が日本からの低コストや安定な資金調達はインドネシアの金融業界に入ったとき、VTNYの主要な原動力の一つであると語った。「我々は幾つかの日本や国際的金融機関に支援されます。」とわいで氏は主張した。

わいで氏は日本の低金利施策に対して非常に信じるようである。「日本は過去20年以内に金利を増やしたことがありません。そうだとしても、それを0.5%に増やし、0.5%〜2.0%のみに及びます。それは世界の最低の金利である事が変わりはありません。それは当社に大きな影響を与えません。」とわいで氏は説明した。

しかし、Ventenyは低債務コストを手に入れ、維持する他の戦略をも準備した。2022年11月24日(木)にわいで氏の発表によれば、当社は他国から資金源を多様化し、ヘッジングに関して国内銀行と提携し、低コスト資金を得る為、内外金融機関と提携する計画である。

情報上、Ventenyは幾つかの日本との関係を持っている。わいで・じゅん氏の自身は日本人であり、VTNYをインドネシア証券取引所(IDX)で新規株式公開を行う初日本人が率いる会社にさせる。2022年6月に、Ventenyは日本の大手銀行、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の傘下にある私営銀行、PT Bank Danamon Indonesia Tbk (BDMN)と提携している。 (NR/ZH)