【ジャカルタ】PT Perusahaan Listrik Negara (Persero)は2023会計年度にIDR 10 trillionの資本参加を申込んだと報告される。それは2022年11月28日にインドネシア共和国の衆議院第6委員会との聴聞会の間に述べられた。

インドネシア共和国の衆議院第6委員会員、Sarmuji氏が第6委員会は2023会計年度の追加国家資本参加の申出に関してPLNの説明を納得し、受入れたと語った。「衆議院第6委員会は辺境で最も外側で最も開発が遅れている(3T)地域の平等な配電サービスを実現するPLNの努力を支援してくださいます。」とSarmuji氏は2022年11月29日(火)に議事録を通じて、述べた。

それだけではなく、インドネシア共和国の衆議院は国内の天然資源の発電所を開発する事を目指されるエネルギー遷移が加速するにつれて、電化率を増やすPLNのイニシアチブをも支援する。

その聴聞会はインドネシア共和国の衆議院第6委員会副会長、Martin Manurung氏が率いられ、PLNの取締役社長、Darmawan Prasojo氏が出席された。

Darmawan氏は新・再生可能エネルギー発電所や変電所送電やその他の配電インフラを建てる為、その国家資本参加を使途する計画である。

今年、PLNは辺境で最も外側で最も開発が遅れている(3T)地域の電化率を増やす為、使途されたIDR 5 trillionの国家資本参加を要求した。 (NR/LK/ZH)