【ジャカルタ】インドネシア政府は電気発電所や工業のニーズ用石炭供給を確保する為、2023年第1四半期に石炭賦課を徴収する公役機関を設立する。

エネルギー鉱物資源大臣、Arifin Tasrif氏がその計画は石炭メーカーが2022年頭に輸出を一時的に停留させた石炭供給危機に関連していると語った。

国内発電所向けの国内市場義務の石炭価格は市場機構によって決定される。しかし、PLNは未だ、その公役機関を通じて1トン当たり石炭のUSD 70を支払う。その公役機関の企図において、市場価格とPLNが設定された価格差は採炭会社の輸出税が補われる。

石炭の輸出販売と国内市場義務の販売の補償は様々である。「各社は生産企画やカロリーを含め、業務企画や支出予算を出します。我々は支払われなければならない報償金を設定し、非国家税収入に流通されます。」とTasrif氏は述べた。 (NR/LK/ZH)