DGIK - PT. Nusa Konstruksi Enjiniring Tbk

Rp 89

+2 (+2,00%)

【ジャカルタ】2022年の取引の最終日、純対外の取引量はマイナス1億4471万株を記録された。2022年12月30日(金)に、外国投資家はインドネシアの発行者の16億株を購入し、その発行者の17.5億株を売却した。2022年12月に、純対外の取引量はマイナス221.5億株を低く記録された。

外国投資家は技術会社、PT GoTo Gojek Tokopedia Tbk (GOTO)の8億1046万株を売却した後、GOTOは大きな取引を記録した。結果として、GOTOはマイナス8232万株の最低の純株量を記録した。そして、外国投資家はPT Bank Rakyat Indonesia (Persero) Tbk (BBRI)の8423万株を売却し、BBRIの純株量はマイナス4279万株を記録された。外国投資家はPT Telkom Indonesia (Persero) Tbk (TLKM)の6233万株を、PT Bumi Resources Minerals Tbk (BRMS)の2851万株を、PT Dayamitra Telekomunikasi (MTEL)の1982万株をも売却した。

純対外買において、PT Buana Lintas Lautan Tbk (BULL)の株式は最も購入された株式であった。外国投資家はBULLの5383万株を購入し、BULLの純株量は3870万株を記録され、今回、取引所の最高の純株量を記録された。そして、外国投資家はPT Bukalapak.com Tbk (BUKA)の3649万株を購入した結果、BUKAは3529万株の純株量を記録した。外国投資家はPT Nusa Konstruksi Enjiniring Tbk (DGIK)の2082万株を、PT Trisula Textile Industries Tbk (BELL)の1747万株を、PT Wulandari Bangun Laksana Tbk (BSBK)の2278万株をも購入した。 (NR/KD)

IDN Financialsを通じて、常に純対外に関する最新情報をご覧下さい!