BUMI - PT. Bumi Resources Tbk

Rp 85

+1 (+1,19%)

【ジャカルタ】外国投資家の売買は2023年1月3週目の終わりに比較的に定常状態にあった。対外買の株量は25.3億株を、対外売の株量は21.3億株を記録された。結果として、純対外の株量は2023年1月20日(金)に395,976,600株を積極的に記録された。再び、外国投資家はPT GoTo Gojek Tokopedia Tbk (GOTO)の1,450,086,200株を購入した後、GOTOの純株量は日株量より466,464,900株を高く記録された。

今回の積極的な純対外株量に貢献した別の株式はBank KB BukopinとBank Rakyat Indonesiaと言う銀行業発行者であった。外国投資家はPT Bank KB Bukopin Tbk (BBKP)の6161万株を、PT Bank Rakyat Indonesia (Persero) Tbk (BBRI)の5832万株を購入した。BBKPの純株量は5590万株を、BBRIの純株量はBBKPの半分のみ、2673万株を記録された。そして、外国投資家はPT Merdeka Copper Gold Tbk (MDKA)の4214万株を、PT Ace Hardware Indonesia Tbk (ACES)の3464万株をも購入した。MDKAとACESは約2200万株~2300万株の純株量を記録した。

一方、外国投資家はPT Bumi Resources Tbk (BUMI)の1億5061万株を売却した。BUMIはマイナス6952万株の最低の純株量を記録した。そして、外国投資家は不動産会社、PT Sentul City Tbk (BKSL)の4174万株を、情報通信インフラ会社、PT Dayamitra Telekomunikasi Tbk (MTEL)の3089万株を売却した。BKSLの純株量はマイナス2865万株を、MTELの純株量はマイナス2338万株を記録された。最後に、外国投資家はPT Surya Citra Media Tbk (SCMA)の2384万株を、PT Garuda Indonesia (Persero) Tbk (GIAA)の1942万株を売却した後、SCMAとGIAAはほぼマイナス2000万株の純株量を記録した。 (NR/KD)

IDN Financialsを通じて、純対外に関する最新情報をご覧下さい!