BUMI - PT. Bumi Resources Tbk

Rp 92

-2 (-2,00%)

【ジャカルタ】前日、積極的に始めた後、2023年2月2日(木)に外国投資家の売買は激増した。対外買の株量は48.5億株に激増した一方で、その対外売の株量は31.1億株に増加した。結果として、今回、純対外の株量は17.3億株に及んだ。その数字は外国投資家に注目を浴びられたPPT GoTo Gojek Tokopedia Tbk (GOTO)の株式貢献から切り離すことができない。外国投資家はGOTOの3,139,266,300株を購入し、GOTOのの純株量は1,775,232,200株を記録された。

GOTOと並びにトップバイリストに入ったBUMI、BBKP、BIPI、ACESを含め、他の4社の株式がある。外国投資家はPT Bumi Resources Tbk (BUMI)の1億7431万株を購入し、BUMIの純株量は8659万株を記録された。そして、外国投資家はPT Bank KB Bukopin Tbk (BBKP)の4458万株を購入し、BBKPの純株量は3815万株を記録された。一方、外国投資家はPT Astrindo Nusantara Infrastruktur Tbk (BIPI)の3811万株を、PT Ace Hardware Indonesia Tbk (ACES)の5162万株を購入した後、BIPIとACESの純株量は3000万株を記録された。

一方、トップセールリストに入り留まった2社の国有企業はPT Garuda Indonesia (Persero) Tbk (GIAA)とPT Bank Rakyat Indonesia (Persero) Tbk (BBRI)であった。外国投資家はGIAAの2億5837万株を、BBRIの8694万株を売却した。しかし、GIAAとBBRIの純株量はかなり異なり、GIAAのはマイナス2億3580万株を、BBRIのはマイナス3314万株を記録された。その上、外国投資家はPT Erajaya Swasembada Tbk (ERAA)の約4200万株を、PT Hanjaya Mandala Sampoerna Tbk (HMSP)の約4200万株を、PT Bank Raya Indonesia Tbk (AGRO)の2900万株を売却した。 (NR/KD)

IDN Financialsを通じて、純対外に関する最新情報をご覧下さい!