INCO - PT. Vale Indonesia Tbk

Rp 4.400

+90 (+2,11%)

【ジャカルタ】PT Vale Indonesia Tbk (INCO)はモロワリのサンバラギにおけるIDR 37.5 trillionの価値を持っている統合低炭素精錬所の建設を開始した。

PT Vale Indonesia Tbk (INCO)の取締役社長、Febriany Eddy氏がその精錬所設備の生産能力は年毎に73,000だと語った。「最高の採鉱開業はソロワコブロックからモロワリブロックまで実行されます。」とFebriany氏は2023年2月13日(月)に引用されたプレスリリースを通じて、述べた。

このプロジェクトはINCOとPT Bahodopi Nickel Smelting Indonesia (BNSI)間の提携である。そお鉱区は東ブンク地区やバホドピ地区や加工所在地であるモロワリ、ブンクペシシル、サンバラギに位置する。

その精錬所は2030年に33%削減するのを目指される炭素排出を最小限する為、ガス力発電所を使用する。 (NR/LK/ZH)