BUMI - PT. Bumi Resources Tbk

Rp 93

+1 (+1,00%)

【ジャカルタ】外国投資家の取引量は2023年2月2週目の間に低調した。対外買の株量は16.3億株を、対外売の株量は12.6億株を記録された。朗報に、2023年2月10日(金)の取引は低調であったにも拘らず、対外純の株量は363,523,300株を記録された。驚くべきことに、外国投資家はPT GoTo Gojek Tokopedia Tbk (GOTO)の2億2270万株を購入した後、GOTOは今回、1億7013万株の最高の純株量を記録した。一方、外国投資家はPT Garuda Indonesia (Persero) Tbk (GIAA)の4117万株を売却した結果、GIAAは−3921万株の純株量を記録した。

外国投資家はPT Bakrie & Brothers Tbk (BNBR)の1億2080万株を、PT Bumi Resources Tbk (BUMI)の1億1939万株を購入した。BNBRは1億494万株の純株量を、BUMIは8856万株の純株量を記録した。しかし、PT Bank Rakyat Indonesia (Persero) Tbk (BBRI)の対外買はその2社より多かった。外国投資家はBBRIの1億2893万株を購入し、BBRIは6822万株の純株量を記録した。その上、外国投資家はPT Energi Mega Persada Tbk (ENRG)の5145万株を購入した。

一方、外国投資家はPT Ace Hardware Indonesia Tbk (ACES)の5663万株を、PT Bumi Resources Minerals Tbk (BRMS)の5771万株を売却した。ACESは−3295万株の純株量を、BRMSは−3198万株の純株量を記録した。それに、外国投資家はPT Matahari Putra Prima Tbk (MPPA)の2254万株を、PT Unilever Indonesia Tbk (UNVR)の2745万株を売却した後、MPPAとUNVRは−2100万株の純株量を記録した。 (NR/KD)

IDN Financialsを通じて、純対外に関する情報をご覧下さい!