ITMG - PT. Indo Tambangraya Megah Tbk

Rp 24.325

+75 (+0,31%)

【ジャカルタ】PT Energi Mega Persada Tbk (ENRG)は2023年3月1日現在、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)に上場される。ENRGの登場は世界的市場に上場された様々なインドネシア会社に加わる。

2023年2月14日(火)に引用されたプレスリリースにおいて、PT Energi Mega Persada Tbk (ENRG)の取締役社長、Syailendra S Bakrie氏が当社は四半期比、評価され、発表されるMSCI小資本指数に入っていると語った。

2022年9月現在、ENRGはUS$ 131 millionの売上高を、US$ 44 millionの純利益を記録した。その上、その負債比率は0.12倍を記録された。「当社は良い流動性状態にあります。」とBakrie氏は述べた。

2022年1月〜9月、ENRGは一日当たり5.148バレルの石油を、一日当たり2億500万標準立方フィート(mmscfd)のガスを生産した。現在、3700万バレルの石油確認・推定埋蔵量と6490億立方フィートのガス確認・推定埋蔵量を運営している。

2023年1月現在、MSCIインドネシア小資本指数のトップ10発行者はPT Perusahaan Gas Negara Tbk (PGAS)、PT Bukalapak.com Tbk (BUKA)、PT Indo Tambangraya Megah Tbk (ITMG)、PT Bukit Asam Tbk (PTBA)、PT Indocement Tunggal Prakarsa Tbk (INTP)、PT Berkah Beton Sadaya Tbk (BEBS)、PT Gudang Garam Tbk (GGRM)、PT Mitra Adiperkasa Tbk (MAPI)、PT XL Axiata Tbk (EXCL)、PT Bumi Resources Tbk (BUMI)である。 (NR/LK/LM)