DOID - PT. Delta Dunia Makmur Tbk

Rp 440

+10 (+2,00%)

【ジャカルタ】2名のシンガポールの投資家は2023年2月17日(金)に「Merah Putih」と言うブランドを持っているセメント生産業者、PT Cemindo Gemilang Tbk (CMNT)の19億株を売却した。支配株主として、WH InvestmentsはCMNTの19億株をBNP Paribas Singapore Branch Wealth Managementに売却した。それによって、新投資家、BNP Paribas Singapore Branch Wealth ManagementはCMNTの11.09%所有権を持っている。しかし、CMNTにおけるWH Investmentsの所有権は87.37%から76.28%に低下した。

その上、2名の投資家の中にその1名である新投資家はPT Estika Tata Tiara Tbk (BEEF)の株式に興味を持っている。シンガポールを拠点とする会社、Asia Agri International Pte Ltd.はBEEFの3億1985万株を購入した後、BEEFの16.97%所有権を持っている新投資家となった。そして、既存の投資家、PT Tigatunggal AdimulyaはBEEFの1億8029万株を購入した後、BEEFにおける所有権は9.5%から15.59%に増加する。PT Widodo Makmur Perkasa TbkはPT Widodo Makmur Unggas Tbk (WMUU)の2億5000万株を購入し、WMUUにおける所有権は30.01%に伸びる。そして、PT Delta Dunia Makmur Tbk (DOID)はDOIDの500万株を買い戻した。

一方、Rudy Kurniawan Logam氏はPT Logindo Samudramakmur Tbk (LEAD)の329万株を売却した。そして、外国投資家、GOTO Peopleverse FundはPT GoTo Gojek Tokopedia Tbk (GOTO)の7684万株を、UOB Kay Hian (Hong Kong) LtdはPT Central Proteina Prima Tbk (CPRO)の2109万株を、Morgan Stanley and Co International PlcはPT MD Pictures Tbk (FILM)の298,300株を売却した。 (NR/KD)

IDN Financialsを通じて、マーケットヒントに関する情報をご覧下さい!