BBTN - PT. Bank Tabungan Negara (Persero) Tbk

Rp 1.500

-15 (-0,99%)

【ジャカルタ】PT Bank Tabungan Negara (Persero) Tbk (BBTN)は2022年の純利益から取られるIDR 609.01 billionの現金配当を流通する計画を発表する。

BBTNの報告・コミュニティー開発部長、Arman Setiadi氏がその計画は2023年3月16日に開催された定時株主総会の結果通りだと語った。その総会における、株主は現金配当として2022年の純利益の20%の割当に合意した。

通常市場と折衝市場におけるその配当付きは2023年3月29日に、現金市場におけるその配当付きは2023年3月30日に、その現金配当流通は2023年4月14日に行われる。BBTNの1株の各株主はIDR 43.39の配当金を得る権利がある。

IDNFinancials dataのデータによると、BBTNは2022年にIDR 3.05 trillionの純利益を記録した。その上、その留保利益はIDR 3.2 trillionを、純資産はIDR 25.91 trillionを記録された。

インドネシア政府は国有企業省を通じて、BBTNの60%株Bシリーズを支配している。一方、大衆投資家はBBTNの39.98%株を、Nixon L. P. Napitupulu氏はBBTNの0.02%株を所有している。 (NR/KR/ZH)