WSBP - PT. Waskita Beton Precast Tbk

Rp 18

-2 (-10,00%)

【ジャカルタ】2022年2月まで、PT Waskita Beton Precast Tbk (WSBP)が貰った新規契約の少なくとも26%又はIDR 358 billionはその親会社、PT Waskita Karya (Persero) Tbkによるものである。

WSBPのエンジニアリング・開発担当重役、Bambang Dwi Wijayanto氏が当社は2022年2月まで、IDR 358 billionの新規契約を得たと語った。その新規契約の約74%は外部市場プロジェクトによるものであった。

「現在、調進入札の過程中にあるプロジェクトは多くあります。」とBambang氏は2023年3月21日(火)に公式声明を通じて、述べた。「今まで、WSBPはIDR 2.9 trillionの価値を持っているプロジェクトと調進入札に参加しております。」とBambang氏は付け加えた。2023年に、WSBPはIDR 3.8 trillionの新規契約を目指し、IDR 1.53 trillionの新規契約実現を記録された2022年に比べ、100%〜150%伸びる。

Bambang氏が当社は新規契約を得る為、各事業の各契約の利益幅目標を最小限に設定すると語った。当社はプレキャスト製造や生コンクリートや建設サービスを含め、全ての事業が支援され、粗率を12%〜15%に目指す。 (NR/AM/ZH)