SMRA - PT. Summarecon Agung Tbk

Rp 505

-15 (-3,00%)

【ジャカルタ】PT Summarecon Agung Tbk (SMRA)は2022年にIDR 625.38 billion、前年比、93.19%伸びた当期純利益を記録したにも拘らず、その収入はIDR 5.57 trillionの2021年に比べ、2022年にIDR 5.72 trillion、2.69%微増した。

財務報告書によれば、2022年にSMRAの純収入はIDR 3.53 trillionを貢献した不動産開発セグメント、IDR 1.48 trillionを貢献した投資不動産セグメント、IDR 709.83 billionを貢献したその他セグメントによるものであった。

その収入は微増しても、当社は販売費・直接費をIDR 2.97 trillionの2021年に比べ、2022年にIDR 2.72 trillion、前年比、8.42%に成功に削減した。しかし、販売費はIDR 306.22 billionの2021年に比べ、2022年にIDR 321.56 billion、前年比、5.01%伸びた。一般管理費はIDR 733.36 billionの2021年に比べ、2022年にIDR 952.35 billion、前年比、29.86%伸びた。

結局、当社はIDR 323.71 billionの2021年に比べ、2022年にIDR 625.38 billionにほぼ二桁増加した。一方、総資産は2022年にIDR 28.43 trillionを記録され、IDR 26.05 trillionの2021年に比べ、前年比、9.14%伸びた。最後に、2022年に、負債合計はIDR 16.68 trillionを、純資産はIDR 11.75 trillionを記録された。 (NR/AM/ZH)