PALM - PT Provident Investasi Bersama Tbk

Rp 394

+14 (+3,68%)

【ジャカルタ】PT Provident Investasi Bersama Tbk (PALM)はIDR 2.01 trillionの2021年に比べ、2022年にIDR 239.55 billion、88%低下した純利益を記録した。それは減った投資純利益と前年比、85%低下した他の純資産が引き起こされた。

2022年に、当社はIDR 285.90 billionの投資純利益・純資産を記録し、IDR 1.99 trillionの2021年に比べ、前年比、85%減少した。それだけではなく、IDR 2.12 billionの2021年に比べ、2022年にIDR 2.23 billionに増加した利子所得をも記録した。生物資産公正価値のゼロ利益を記録した一方、2021年に、それはIDR 7.61 billionを記録された。

一方、その他セグメントの純収入はIDR 1.29 billionの2021年に比べ、2022年にIDR 209 millionにも低下した。販売費はIDR 75.88 billionの2021年に比べ、2022年にIDR 31.54 billionに減少したが、銀行運営手数料はIDR 996.22 millionの2021年に比べ、2022年にIDR 17.50 billionに増加した。したがって、税引き前利益は2022年にIDR 239.21 billionを記録され、IDR 2.07 trillionの2021年に比べ、低下した。そして、当社はIDR 341.29 millionのみの税金を支払った。

結局、当社は2022年にIDR 239.55 billionのみの純利益を記録した結果、一株当たり利益は一株当たりIDR 284.68の2021年に比べ、2022年に一株当たりIDR 33.85に低下した。総資産はIDR 5.86 trillionの2021年に比べ、2022年にIDR 5.76 trillionに減少した。純資産はIDR 5.82 trillionの2021年に比べ、2022年にIDR 5.76 trillionに低下した。そして、負債合計はIDR 39.99 billionの2021年に比べ、2022年にIDR 2.40 billionにも低下した。 (NR/AM/ZH)