RANC - PT. Supra Boga Lestari Tbk

Rp 555

-15 (-2,70%)

【ジャカルタ】「Ranch Market」と言う小売店を経営する会社、PT Supra Boga Lestari Tbk (RANC)は2022年にIDR 83.66 billionの損失を記録した。それは2022年に沈滞した収入の間に増えた販売費が引き起こされた。

2023年3月30日(木)に引用された2022年財務報告書において、PT Supra Boga Lestari Tbk (RANC)の取締役社長、Meshvara Kanjaya氏が純収入は2022年にIDR 2.89 trillionを記録され、IDR 2.88 trillionの2021年に比べ、比較的に変わらなかった一方で、収入費はIDR 40 billionに増加した為、粗利益はIDR 679.09 billionの2021年に比べ、2022年にIDR 650.50 billionに低下したと語った。

その上、2022年に、一般管理費や金融費や利子所得は減少した為、所得税引き前損失はIDR 86.03 billionを記録された。2021年に、税引き前利益はIDR 8.51 billionを、当期利益はIDR 9.83 billionを記録された。

2022年に、収入の最大の貢献者はIDR 2.86 trillionを貢献した売上高によるものであった。続いて、委託販売はIDR 36.48 billionを貢献した。それに比べ、2021年に、売上高はIDR 2.85 trillionを、委託販売はIDR 31.57 billionを記録された。

地理的様相面において、2022年に、インドネシア西部地域(ジャボデタベック・スマトラ)はIDR 2.54 trillionの収入を、インドネシア東部地域(東ジャワ・中部ジャワ・カリマンタン・マルク)はIDR 378.82 billionの収入を貢献した。一方、2021年に、インドネシア西部地域(ジャボデタベック・スマトラ)はIDR 2.54 trillionの収入を、インドネシア東部地域(東ジャワ・中部ジャワ・カリマンタン・マルク)はIDR 396.52 billionの収入を貢献した。 (NR/LK/ZH)