ISAT - PT. Indosat Tbk

Rp 10.675

+800 (+8,10%)

【ジャカルタ】PT Indosat Tbk (ISAT)又はIndosat Ooredoo Hutchison (IOH)はデータセンターセグメントを支援する為、新事業活動を追加する計画である。正味現在価値の分析に基付き、この追加事業はIDR 313.8 billionの新規資金を必要とする。

その計画はインドネシア証券取引所(IDX)の情報開示を通じて、ISATの経営陣が述べられた。その新事業は電気や建設やデジタル技術装置やオフィス機器レンタルを含める。それはデータセンターであるISATの本業を支援する目的がある。

ISATの経営陣は内部資金を必要としないその新事業活動のフィージビリティースタディーを行ったと語った。「そのフィージビリティースタディー分析は正味現在価値の媒介変数のみを使用することによって行われることができます。その追加新事業活動から得た正味現在価値はIDR 313.8 billionに及びます。」とISATの経営陣は2023年4月3日(月)に公式声明を通じて、述べた。

その上、検討や評価や財政分析や満たされたあらかじめ決められた仮定を持っているその他予測によれば、その追加新事業活動は実行される為、可能となれる。

財政予測分析に基付き、その追加新事業活動は2022年にISATの収入を0.12%に、その収入を予測期間(2023年〜2027年)に1.08%に増やす。それらの考慮によって、ISATの経営陣は今度の株主総会でその新事業活動に関して株主の承認を得ることができるように、期待する。 (NR/AM/ZH)