BIRD - PT. Blue Bird Tbk

Rp 1.535

+20 (+1,32%)

【ジャカルタ】タクシーを経営する会社、PT Blue Bird Tbk (BIRD)の利益は2021年に比べ、2022年に4,074%上昇した。それは増えた収入と減った財政経費のお蔭であった。

2023年4月5日(水)に引用された2022年財務報告書において、PT Blue Bird Tbk (BIRD)の取締役社長、Sigit Priawan Djokosoetono氏がBIRDの利益は2022年にIDR 364.02 billionを記録され、IDR 8.72 billionの2021年に比べ、大幅に増加したと語った。親会社に帰属する純利益はIDR 7.71 billionの2021年に比べ、2022年にIDR 358.35 billion、4,545%上昇した。

収入はIDR 2.22 trillionの2021年に比べ、2022年にIDR 3.59 trillion、前年比、61.71%伸びた。そして、粗利益はIDR 493.96 billionの2021年に比べ、2022年にIDR 1.07 trillion、前年比、117.44%伸びた。それらは収入に対して77.74%の2021年に比べ、2022年に70%低下した直接費が引き起こされた。

2022年に、その収入の最大の貢献者はIDR 2.78 trillionを貢献したタクシーセグメントであった。そして、非タクシーセグメントはIDR 803.02 billionを貢献した。一方、2021年に、タクシーセグメントはIDR 1.62 trillionを、非タクシーセグメントはIDR 604.83 billionを貢献した。 (NR/LK/ZH)