SRAJ - PT. Sejahteraraya Anugrahjaya Tbk

Rp 2.200

-50 (-2,00%)

【ジャカルタ】マヤパダ病院を経営する会社、PT Sejahteraraya Anugrahjaya Tbk (SRAJ)は2022年にIDR 44.18 billionの純損失を記録した。それは安定した収入の最中に、増えた直接費が引き起こされた。

2023年4月5日(水)に引用された2022年財務報告書において、SRAJの取締役社長、Grace Dewi Riady氏が収入は2022年にIDR 1.93 trillionを記録され、IDR 1.92 trillionの2021年に比べ、あまり変わらなかったと語った。

2022年に、入院患者・その支援サービスセグメントはIDR 1.24 trillionを、外来患者・その支援サービスセグメントはIDR 690.10 billionを記録された。一方、2021年に、入院患者・その支援サービスセグメントはIDR 955.25 billionを、外来患者・その支援サービスセグメントはIDR 969.19 billionを記録された。

粗利益はIDR 705.03 billionの2021年に比べ、2022年にIDR 557.05 billionに低下した。それは増えた直接費が引き起こされた。直接費比率は2022年に収入の71.19%を記録され、63.33%の2021年に比べ、伸びた。最後に、営業利益はIDR 226.48 billionの2021年に比べ、2022年にIDR 31.01 billionに大幅に低下した。(NR/LK/ZH)