CSAP - PT. Catur Sentosa Adiprana Tbk

Rp 585

+5 (+1,00%)

【ジャカルタ】PT Catur Sentosa Adiprana Tbk (CSAP)は2023年6月14日〜20日、行われる株主割当発行を通じて、IDR 857.37 billionを目指す。この企業行動において、一株当たりIDR 700の12.2億株を発行する計画である。

2023年4月18日(火)に引用された略趣意書によれば、その株主割当発行の収益はCSAPの子会社、PT Catur Mitra Sejati Sentosa (CMSS)の運転資本の為、割当てられる。そして、その収益の約IDR 415 billionはブカシ、ジャティセンプルナ、22,070平方メートルの建物土地を取得する為、使途される。

CSAPの32.01%株を持っているPT Buanatata Adisentosa (BA)、CSAPの30.89%株を持っているSCG Retail Holding Co Ltd (SCG)、CSAPの13.18%株を持っているNT Asian Discovery Master Fund (NTA)、CSAPの10%株を持っているAlbizia Asean Opportunitie Fund、CSAPの5.80%株を持っているBudyanto Totong氏を含め、幾つかのCSAPの株主はその企業行動で権利を行使する。

現在、CSAPの公称資本はIDR 800 billionを、発行・払込資本はIDR 445.83 billionを、ポートフォリオの株式はIDR 354.16 billionを記録される。CSAPにおける大衆投資家の所有権は8.12%を記録される。その企業行動後、その発行・払込資本はIDR 595.83 billionに増加する一方で、ポートフォリオの株式はIDR 204.16 billionに低下する。 (NR/LK/ZH)