UCID - PT. Uni-Charm Indonesia Tbk

Rp 830

-20 (-2,33%)

【ジャカルタ】PT Uni-Charm Indonesia Tbk (UCID)は発起人株購入制度計画(MESOP)の為、買い戻しの間に買い戻された全株を割当てる。

UCIDの会社秘書役、Vikry Ahmadi氏がその株式譲渡は当社に関する従業員の貢献に対する感謝の形だと語った。「この発起人株購入制度計画(MESOP)は某の立場を、決定されていない評価水準を持っている当社の活性の従業員の為、供えられます。」とAhmadi氏は述べた。

しかし、この発起人株購入制度計画(MESOP)を行う前、当社は2023年5月30日に開催される臨時株主総会で株主の承認を求める。

IDNFinancialsのデータによると、UCIDの株価は本日(2023年4月18日)、一株当たりIDR 1,150、15ポイント又は1.29%低下した。過去1年間以内に、それは230ポイント又は16.67%縮減した。

現在、ユニ・チャーム株式会社はUCIDの全株の59.20%を所有している。そして、PT Purinusa EkapersadaはUCIDの20.8%を、大衆投資家はUCIDの19.68%を所有している。一方、UCIDの残り0.32%は自己株式として記録される。 (NR/KR/ZH)