MEDC - PT. Medco Energi Internasional Tbk

Rp 1.240

+15 (+1,00%)

【ジャカルタ】PT Medco Energi Internasional Tbk (MEDC)の2子会社は2028年12月31日に満期となるUSD 420 millionのリボルビングローンを貰った。このローンファシリティーの保証人はMEDCである。

2023年5月15日(月)に引用された情報開示において、MEDCの会社秘書役、Siendy K. Wisandana氏がその子会社はPT Medco E&P Malaka (MEP Malaka)及びPT Medco E&P Tomori Sulawesi (MEP Tomori)だと語った。そのローンファシリティーは2022年12月23日に締結された。

そのローンは2018年10月19日に締結されたUSD 500 millionの優先担保付期貸金契約の修正と再声明である。

その債権者は委任統治の引受主幹事会社として働くAustralia and New Zealand Banking Group Limited、ING Bank NV Singapore Branch、シンガポール支社のSociete Generaleである。それに、PT Bank DBS Indonesia、シンガポール支社のPT Bank Mandiri (Persero) Tbk (BMRI)、PT Bank ANZ Indonesia、株式会社三菱UFJ銀行、Credit Agricole Corporate and Investment Bank、PT Bank UOB Indonesiaでもある。

MEDCが出される保証は247,500株の保証、2498万株の保証、2,500株の保証、12,500株の保証、MEP MalakaとMEP Tomoriのオンショア口座譲渡、USD 625 millionの受託保証の売掛金である。 (NR/LK/ZH)