INTP - PT. Indocement Tunggal Prakarsa Tbk

Rp 7.000

0 (0%)

【ジャカルタ】PT Indocement Tunggal Perkasa Tbk (INTP)は2023年6月8日にIDR 548.97 billionに設定される2022会計年度の配当金を流通する準備ができている。セメント市場が伸び悩む最中に、今年の配当金は少なくとも過去10年間以内に流通された配当金の中に最小です。

ジャカルタで本日(2023年5月17日)、開催された定時株主総会によれば、出席された株主の99.7%は配当金としてIDR 1.84 trillionに及んだ2022年の総純利益の29.8%又は一株当たりIDR 160の純利益の割当に合意した。IDR 1.26 trillionのその残り純利益は留保利益として記録される。

情報上、INTPは2010年以降、高大な配当金額を決して控えなかった。2016会計年度に、IDR 3.42 trillionの最終配当を流通した。この当社にとって配当性向を100%以上に設定するのが珍しい事ではない。それは当社は投資家に与えられる現金配当として留保利益の一部を使途したと示す。

しかし、今年、当社は2023年第1四半期まで回復していないセメントに対する予想イニシアチブとして純利益の割当に関してかなり慎み深くなるようである。それに比べ、2022年に、当社は現金配当として2021年の純利益の97.33%又はIDR 1.74 trillionを割当てた。

INTPの経営陣は配当支払いを2023年6月8日に予定した。その配当金は2023年5月30日に正式に記録された株主に流通される。通常市場と折衝市場におけるその配当付き・落ちは2023年5月26日・29日に、現金市場におけるその配当付き・落ちは2023年5月30日〜31日に行われる。 (NR/ZH)