SDPC - PT. Millennium Pharmacon International Tbk

Rp 126

-1 (-0,79%)

【ジャカルタ】PT Millennium Pharmacon International Tbk (SDPC)は2022年に前年比、155.6%伸びた純利益を記録した後、今、IDR 2.548 billionの現金配当を流通する準備ができている。

本日(2023年5月25日)、ジャカルタで開催された定時株主総会の間に、SDPCの取締役会の説明によれば、当社はIDR 9.5 billionの2021年に比べ、2022年12月にIDR 24.46 billionに大幅に増加した純利益を記録した。その増加した利益は2022会計年度末にIDR 3.2 trillion、前年比、7.09%伸びた収入と伴った。

2022年の実績のお蔭で、SDPCの経営陣は現金配当として2022年の純利益の10.41%を流通する自信があるようである。それは各株主は一株当たりIDR 2の現金配当を得ると言う事であり、2021会計年度より二倍増した。

それだけではなく、その総会は準備金としてIDR 2.548 billionの純利益を、留保利益としてその残り純利益を割当てる事に合意した。「それは当社の運営上活動と運転資本の為、使途されます。」とその総会に出席したSDPCのコミサリス、Joefly Joesoef Bahrony氏は結論付けた。 (NR/ZH)