INPP - PT. Indonesian Paradise Property Tbk

Rp 1.000

+5 (+1,00%)

【ジャカルタ】PT Indonesian Paradise Property Tbk (INPP)は2023年第1四半期に大幅に増加した収入と粗利益を記録した後、2023年に対して積極的に向き合う。2022年末に、前年比、123%伸びた収入を、前年比、65%伸びた純利益を記録した。

「2022年に当社の業績は良好でした。そして、マクロ経済状態の支援によって、我々は2023年に純利益を倍増することができると楽観的です。」とINPPの取締役、Surina氏は説明した。

INPPの印象的な記録は2023年第1四半期まで継続する。2023年第1四半期に、収入はIDR 262.67 billionを記録され、前年比、96%伸び、純利益はIDR 27.8 billionを記録された。それはIDR 23.7 billionの損失を記録された2022年第1四半期に比べ、改善した。

パンデミック危機が静まった後、INPPが所有されるSheraton Bali Kuta Resort、fX SudirmanのHARRIS Suites、Beachwalk Residenceの客数が増える。INPPの経営陣がこの数字は特に、今後の休日時期、増え続けていくと予測する。INPPは2023年5月に発足されたばかりであったマカッサルのRooftop 31 Sudirman Suitesや南ジャカルタのトッピングオフAntarsari Placeの追加収入を待っている。

将来的に、当社はバリクパパンやマカッサルやスマランを含め、全国の様々な目的地を建て、運営する機会を探検している。その計画や所有さっる不動産の経常収益を生み出す能力によって、当社は2023年末に二桁伸びる純利益を目指している。 (NR/ZH)