BUMI - PT. Bumi Resources Tbk

Rp 92

-2 (-2,13%)

【ジャカルタ】2023年6月9日(金)に、純対外の株数は低下した。それは暫く上昇したが、今回、それは-13.7億株に終えられた。対外売は55.7億株を記録され、約41.9億株に及んだ対外買より高かった。外国投資家はオンデマンドサービス提供業者、PT GoTo Gojek Tokopedia Tbk (GOTO)の40.6億株を売却した後、その減った純対外に大幅に貢献したGOTOの純株数は-12.9億株を記録された。

外国投資家はニッケル鉱業会社、PT Trimegah Bangun Persada Tbk (NCKL)の5328万株を売却した結果、NCKLの純株数は-4598万株を記録された。ペルタミナの子会社、PT Perusahaan Gas Negara Tbk (PGAS)とTelkomの子会社、PT Dayamitra Telekomunikasi Tbk (MTEL)は4200万株〜4600万株の対外売を記録した。しかし、PGASの純株数は-3305万株を、MTELのは-2879万株を記録された。なお、2691万株の対外売を記録したBRIの子会社、PT Bank Raya Indonesia Tbk (AGRO)は-2588の純株数をも記録した。

一方、外国投資家は制作会社、PT MD Pictures Tbk (FILM)の約6340万株を、パームオイル生産業者、PT Nusantara Sawit Sejahtera Tbk (NSSS)の約5611万株を購入した為、今回、FILMとNSSSは夫れ夫れ約5600万株の最高の純株数を記録した。そして、外国投資家は採炭会社、PT Bumi Resources Tbk (BUMI)の9553万株を最高に購入したが、BUMIの純株数は3022万株のみを記録された。最後に、外国投資家は工業地帯開発業者、PT Bekasi Fajar Industrial Estate Tbk (BEST)の4305万株を、技術会社、PT Solusi Sinergi Digital Tbk (WIFI)の2770万株を購入した結果、BESTとWIFIの純株数は2500万株〜2600万株を記録された。 (NR/KD)

IDNFinancialsを通じて、純対外に関する最新情報をご覧下さい!