PANI - PT. Pantai Indah Kapuk Dua Tbk

Rp 4.880

-50 (-1,01%)

【ジャカルタ】以前、PT Pratama Abadi Nusa Industri Tbkとして知られたPT Pantai Indah Kapuk Dua Tbk (PANI)は2023年にIDR 2.1 trillionのマーケティング販売目標を達成する為、IDR 367 billionを用意した。

本日(2023年6月19日)の公開暴露の間に、PANIの取締役、Yohanes Edmond Budiman氏の説明によると、2023年5月まで約IDR 2.4 billion尾設備投資は吸収された。「その残りは未だたくさんです。それは土地取得、経常収益と非経常収益の基本を築く為、使途されます。」とBudiman氏は述べた。

そして、取締役会は2023年にIDR 2.1 trillionに及ぶPANIのマーケティング販売目標をも述べた。そのマーケティング販売目標は商業土地が支配されたIDR 1.9 trillionの2022年の実現より12%高い。

「2023年第1四半期まで、PANIはIDR 534 billionのマーケティング販売を記録し、それは目標の25%に及んだと言う事です。」とBudiman氏は述べ続けた。

アグン・セダユ・グループとサリム・グループによって支援され、PANIは商業ビル・住宅やショップハウス・スモールオフィス−ホームオフィス(SOHO)を含め、パンタイ・インダ・カプックの不動産プロジェクトを扱う計画を発表した。 (NR/ZH)